カーテンで失敗しないためにもおさえておきたいコツ

カーテンはインテリアの要のような存在感があるもの、そのためお部屋のイメチェンをするときはカーテンにもしっかりこだわっておきたいところです。そんなカーテン選びの失敗しないためのコツ、どんなコーディネートがあるかなどについてご紹介いたします。

カーテン選びにもう失敗しないために

カーテン選びのポイント

新しい家に引っ越す、前のカーテンが破損した、部屋のイメチェンがしたい、さまざまな理由で購入を考えられるカーテンですが、このカーテン選びを失敗してしまうとお部屋の印象がちぐはぐで落ち着かない、住む上で少し不便など不満がでやすくなってしまいます。
カーテンはインテリアの重要な部分であり、そして環境を整えるための実用品でもあります。
そのためカーテン選びを失敗してしまうとどうしても住むうえで不便が出てしまうもの、そんなカーテンの失敗しない選び方についてご紹介いたします。

まずカーテンの機能に注目しておきたいところ、カーテンに求められるものは遮光性が特に多く、そして遮音性、UVカット、花粉防止などがあります。
また防炎性があるものも、住居によっては義務付けられているので住んでいる場所のルールに則ってこれも採用する必要があります。
そしてこれら機能も全部あればいいというものではなく、お部屋によって変わると考えるのが一番です。
たとえばしっかり遮光しておきたい、たとえば寝室などの場合遮光性も遮音性も優れている方が嬉しいです。
しかし適度に日光が入ってほしい、そんな人は遮光性がそこまで高くなく、UVカットの加工がされているカーテンの方が相性がいいです。
またテレワークをする部屋では遮音性をより重要視したり、よく出入りする場所のカーテンの場合花粉を防止してくれる加工が施されているものを採用するのがおすすめです。
その部屋によって環境が違うので、それに応じたカーテン選びをするとより住みやすい住居作りに繋がります。
また家主の好みも十分に反映したいところです。

次にデザイン、機能性はカーテンそのものにある加工ですがデザインからのインテリアコーディネートは購入者様ご自身の腕にかかっています。
カーテンは非常に色柄が多く、種類も多いので悩みがちです。
サイズは窓によって変えればいいだけですが、オシャレな部屋を作りたい場合、どんなものを購入すればいいのか、非常に悩むところです。
そんなときは壁や床にあわせた色あいのものを採用すると最も失敗しにくく、調和しやすくなります。
カーテン選びに失敗しやすくどうしてもいつもカーテンだけ浮いてしまう、だからいつもカーテンは無難な色を選んでしまう、そんな人は他の環境の色にあわせたものを用意するのがおすすめです。
また、他にラグなどがあればそのラグに色をあわせてみるのもおすすめです。
他に窓がある場合、その窓と同じ色のものをかけるのもおすすめで、もしカーテンを全部買い替える場合は全部同じ色柄のカーテンにするとインテリアの中心がカーテンになり、それはそれで調和がとれやすくなります。
他にもインテリアがすでに出来上がっているお部屋の場合はそのテーマにあわせてカーテンもとりつけると調和がとれておすすめ!その場合はカーテンは主役ではなく、名脇役として活躍しやすくなります。
何ものにも背景というのは重要、お気に入りの家具たちの背景としてカーテンはインテリアを引き締めてくれます。
インテリアを楽しむ上でカーテンは重要な存在、そろそろお部屋のイメージを変えたいな……と考えている人は是非カーテンの買い替えも視野にいれてみるのをおすすめいたします。

カーテンの種類はどんなものがある?

カーテンの種類

カーテンは機能性バツグンとなっていますので、それぞれの加工を組み合わせることによりそのお部屋はよりすごしやすい空間になります。
そんなカーテンに施されている加工の数々をご紹介いたします。

まず遮光、これはメジャーとなっており、どの家庭でもあるほどに使われているものとなっています。
また遮光にもレベルがあり、うっすら光が差し込む範囲のものからしっかり遮光してくれるものまで様々、また布地によるところもあり、ベルベットカーテンなどの場合は特に遮光を施されていない場合でも光を通さない仕様となっています。

遮熱も同様に家庭によくあるものとなっており、日当たりが良すぎるお部屋には重宝されています。
断熱も同様の効果を期待されつつ、窓の水垂れを防ぐ効果も期待されてとりつけられていることが多いです。

遮音もいまテレワークの普及からかより需要を伸ばしている傾向があります。
音を遮断してくれる、それは集中しやすい環境作りにも役立ちますので、特に最近は重宝されている傾向があります。
そしてこの遮光、遮音、遮熱の三つが施されている便利なカーテンもあり、非常に人気となっています。

また重苦しい素材をつかうことなく超軽量素材を採用、同時にUVカットのレースカーテンを使用することで見た目は爽やか、機能性抜群のカーテンの組み合わせを叶えます。

マンションの高層階に住んでいる場合は防炎性の加工も義務とされていますが、普通の戸建てに住んでいる場合は基本的にカーテンは自由!なので自分の環境に欲しいカーテンを採用、購入をおすすめいたします。
花粉防止ができるカーテンもあったりと、住む人がより快適に過ごせる、そんな空間作りを手伝ってくれる商品がたくさん取りそろえられています。
カーテンはあまり気にされていない部分かもしれませんが、きちんと加工をみて機能性を選んでいくと環境をより快適にしてくれるものばかりです。
またデザイン性も向上されているので、いつものお部屋がよりオシャレに感じられる、そんなカーテンが沢山販売されています。
いま使っているお部屋が暑い、眩しい、日差しが良すぎる、花粉が気になる、そんな時はカーテンを変えてみると解決することが多いです。
機能をしっかり保障してくれているカーテン、寿命もありますのでむりに使い続けず古いカーテンで室内の環境を改善したい場合は新しいカーテンをお迎えするのがおすすめです。
それによって今までの室内と格段に違う程に快適になる場合もあります。

カーテンには寿命があるの?

カーテンの寿命

カーテンは一度購入するとそのまま放置しがちで、毎日使ってはいるものの何気なく使っているので疎かになりがちです。
そんなカーテン、メンテナンスをするべきなのか、寿命はあるのか。またメンテナンスを疎かにするとどんなことが起こるのか、それらを把握していない人も多いです。
より確かにカーテンの機能を感じるためにもこれらは入れておくほうがいい知識、カーテンの寿命やメンテナンスについてご紹介いたします。

カーテンは大体5~7年程度で寿命がくるものとされており、基本的にそれが過ぎても 使えるものも多いですが、劣化は確実にあります。
まずカーテンを使用している場所が外との境界線である窓です。その窓から入ってくるのは外気と紫外線、外気は排気ガスや花粉、さまざまな汚れが含まれており、それをカーテンは受け止めている状態です。
また紫外線も布に作用しやすく、色褪せなど見た目の問題も勿論ですが紫外線メージによる破損も考えられます。
ひさびさに洗濯をするとそのまま破れてしまった!という時はそのダメージが蓄積してしまった結果と言っても良いです。
これらが起こりやすくなるのがこの寿命の年数で、買い替え時とされています。
また加工が劣化していることもあるので、今までのような機能性も段々劣っていってしまう、そういうことも十分にあるので注意したいところです。

次にカーテンのメンテナンス、大体ドレープカーテンで年に一回、そしてレースカーテンは年に2、3回が望ましいとされています。
これは最低限の数字なので、環境によってはもっと必要になることもあります。
たとえば車道近くの窓の場合や、また室内で喫煙をしている場合はもっとメンテナンスのペースを上げるのをおすすめいたします。
そのメンテナンス方法は非常に簡単で、品質表示の確認は必要ですが、そのまま家庭用洗濯機にいれても大丈夫なものも多いです。
カーテンを蛇腹折りにして片方だけ結んでそのまま洗濯機にいれるだけ、そうすると取り出すときも簡単でコンパクトなまま綺麗に洗濯ができます。
レースカーテンの場合はネットにいれておくとより安心です。
洗濯した後は他の洗濯物を気にせず、そのまま元の位置に下げておくだけ!これでカーテンのメンテナンスは完了です。
あとは窓際でそのまま放置し、乾くのを待つだけとなっています。
部屋干し用の洗剤を使用しておくと、生乾き臭も気になりませんし、それでも心配な場合は洗濯したあとにバスタオルを一枚だけいれて脱水をかけると随分生乾き臭も改善されます。

メンテナンスが簡単なのがカーテンを選ぶメリットの中でも特に大きくなっています。
思っている以上にカーテンは汚れているもの、見た目は勿論ですがハウスダストやカビの原因にもなります。
購入してから随分経つけれどずっと放置してしまっている人も多いもの、晴れた日差しのいい日にメンテナンス日を設けるのをおすすめいたします。
カーテンのメンテナンスをするといままでのくすみや汚れが綺麗になって、ドレープカーテンもレースカーテンも見違えるように綺麗になる場合も!お部屋の印象が一気に華やかになるので爽やかな気分が味わえます。
ベランダが狭い、そのお悩みも必要なく綺麗に維持できるカーテンは寿命を迎える日まできれいなままで使い続けておきたいところです。

窓際のインテリアを彩るものは?

窓際のカーテン

窓際のインテリアもさまざまで、インテリアの要となりやすい部分ということでとくに内装をDIYを用いたりして工夫している人が多いいま、より注目されている部分となっています。
百均でもアレンジ道具を購入したり、またそれを材料にして作ることもできるいま、カーテンもさまざまな工夫をされている傾向にあります。
そしてカーテン以外にもある窓際のインテリア、それぞれ良し悪しはありますがちがった魅力がありますのでご紹介いたします。

ブラインド

ブラインドはオフィスによくある白い羽が沢山ついたものです。
これは羽の角度を調整することで光の調節も可能、遮光性については少々心許なく遮音性もあまり期待できないものが多いですが、そのシンプルなデザインはオフィスは勿論洋室、また和室にもマッチするものとなっています。
特に和室はカーテンがマッチしにくい、そんな印象がありますのでどうしてもしっくりこない場合はブラインドを用いるのがおすすめ、サイズもさまざまなので目隠しの役割も仕切りの役割も十分果たしてくれます。

ロールスクリーン

ロールスクリーンは蛇腹ではない分色柄が非常に引き立ちます。
光が端から漏れてしまう場合が多いので、遮光や遮音に関してはカーテンの方がおすすめですが、デザインでいくと非常にスタイリッシュ、無地のものはもちろん色柄にこだわって購入し、絵画を飾る感覚で使用することもできます。
また全部巻き上げてしまうといくら大きなものでも非常にコンパクトに収納可能、10センチ程度の筒にできますので必要なときだけ広げて他はずっと天井にぴったり巻き上げておくこともできます。
大きさもとても大きいものから小さいものまでさまざま、そのため非常に使いやすくなっています。
仕切り、目隠し、インテリア……さまざまな役割を果たしてくれて尚且つお部屋にシンプルでスタイリッシュな印象を与えてくれます。

カーテン

最後にカーテン、閉塞感をあたえてしまうともされていますが、どこにでもあって使いかたもシンプルな分非常にアレンジ方法にも幅があります。
ちょっとまとめ方を変えたりタッセル部分を変更したり、またレースカーテンとドレープカーテンの位置を前後逆にしたり、工夫次第で閉塞感も十分に改善、お部屋のイメージも随分変えられます。
カーテンの良さは手入れがしやすく、アレンジ方法が豊富な部分も大きく、家主の工夫によってよりオシャレに飾っておくことができます。
それでいて機能も申し分なく、遮光、遮音、遮熱など暮らしに必要不可欠な機能性を十分にもっているので、インテリアとしてだけではなく快適な暮らしを約束してくれる、そんな窓際のインテリアとして重宝されています。
作りたいお部屋の為の窓際インテリア選び、通販で簡単にたくさんの種類から選べます。